アクセスカウンタ

DREAM POCKET 電車工房  

プロフィール

ブログ名
DREAM POCKET 電車工房  
ブログ紹介
鉄道模型のお医者さんです。
Nゲージ・HOゲージ他も。
車両の修理、メンテナンス、オーバーホール。
キット組立作成、パーツ・インレタ・ナンバー取付。
などなどいろいろやってます。
zoom RSS

旧蒲原鉄道 【安田民俗資料館】を訪ねて 新潟

2016/12/14 12:34
この季節には珍しく雨の新潟です。
磐越自動車道 安田I.C下りてすぐの所、新潟県阿賀野市旧会津街道沿いにある、『安田民俗資料館』を訪れました。
ここには、「旧蒲原鉄道」の本社社屋(村松駅舎)が移築復元されており、旧蒲原鉄道開業当時の古い電車「モハ51」も展示されています。
画像
画像
画像
現在は資料館の本館となっていますが、大正12年に建てられ洋風を取り入れた、大正モダンなお洒落な建物となっています。
その建物の奥に、駅看板とともに「モハ51」がいます。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

パンタグラフもありました。
画像

モハ51の運転席です。
画像

画像
画像

モハ51車内です。
画像
画像

状態はだいぶ荒廃が進んでいます。心配です。
画像
画像
画像


現在の資料館は、閉館状態のようで、建物も車両もそのままになっているようです。
こういった大きな歴史的な資料となるものを維持管理していくのは、いろいな面でも大変なことなんですね。

新潟で一日、雪に降られずにまわれたことはラッキーでした。

次はどの車両に会いに行こうかな、と考えてます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


野辺山SLランドへ行ってきました。

2016/09/17 14:27
なかなか天候が安定しませんね。雨が降ったり晴れたりで忙しいですが。
そんななか、お客様と一緒に天気予報とにらめっこしながら、長野県の八ヶ岳の麓にある野辺山高原に行ってきました。
画像

画像


野辺山と言えば、JR小海線が走っており、野辺山駅は、標高1345 mのJR線最高地点の駅であり、清里〜 野辺山間には、標高1375 mのJR鉄道最高地点があることで有名ですね。

そのJR鉄道最高地点のすぐ近くに「野辺山SLランド」という小っちゃい遊園地があります。
ここには、蒸気機関車とディーゼル機関車が動態保存されていて、週末や祝日はSL、平日はDLが、小っちゃい客車2両を牽引してランド内を走行しています。
SLは、1948年製造で台湾の台湾製糖社でサトウキビ運搬に活躍していました。野辺山には1986年に来ました。
DLは現在3両がランドにあり、このうちの2両が木曽森林鉄道で木材運搬用として働いていたそうです。

訪れた際はぜひご乗車ください。
画像

行った日は平日だったので、ディーゼル機関車143号が走っていました。
画像


画像
画像

また、園内には他にも保存車両が2両ありました。こちらは静態保存車両です。
画像

井笠鉄道のコッペル7号機と
画像
案内板の内容です。『井笠7号  このSLは岡山県の井笠鉄道で井原〜笠岡間を主体に貨客車として1925から61年まで運行していました。この鉄道では一番最後まで使用されたSLです。製造年 1923年…』
画像
画像
画像

工事車両のJR岐阜工事局の土車モー200です。
画像

今日は1日雨にも降られずに快適なツーリングでした。
電車好きな人は他の乗り物も好きなんですね。

次はどこへ行こうかな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


中禅寺湖までツーリング

2016/09/01 16:12
台風一過の良く晴れた日、お店のお客さんと以前からのお約束の「トライク&バイクDEツーリング」に行ってきました。

「わたらせ渓谷線」を見ながら、ほぼ一緒にはしっている国道122号線で日光方面を目指します。

一旦、草木ダム湖畔のドライブインで休憩です。
画像


日光の下今市の道の駅で、今有名な「日光けっこう漬物バーガー」を食べました。
なかなかさっぱりしてて、でもボリューム満点で美味しかったです。
テレビで紹介されていました。テレビで出ていたもので今までほとんどがハズレだったけど、
これは当たりでしたよ。
日光方面へ行かれたら食べる価値ありですよ。

これから中禅寺湖を目指します。
おっと、その前にトライクとバイクにもお食事を。空腹になるとスト起こしますから。
画像


くねくねした「いろは坂」をひたすらのぼって中禅寺湖へ。
ようやく到着しました。
画像

この辺はもう肌寒くなってきていました。

お天気は絶好のツーリング日和でした。

【募集中】

電車も好きだ、鉄道模型も好きだ、そしてバイクも好きな方。
一緒に走ってみませんか。ツーリング仲間を募集中です。

【お知らせ】

天高き秋の空。一番近い私鉄の上毛電気鉄道に、日本で最古の車両と言われている「デハ101」という車両が現存しています。
色は茶、モーターが吊り掛け式という古典式で「ウーウー」とうなるような独特の低駆動音がして、とにかく車体も一目で「レトロ」、昭和です。
この車両の貸切運転を企画しております。時期は秋ごろと思っています。詳細などはまたこちらのHP上でお知らせいたします。
興味のある方、質問のある方等いらっしゃいましたら、下記の当店の連絡先にお問合せ下さい。
画像
(※画像はイメージです。)

(問合せ先)

〒371-0232
群馬県前橋市茂木町544
TEL: 027-283-0088
DREAM  POCKET(ドリームポケット)



【鉄道模型のお医者さんです。】

Nゲージ・HOゲージ他も。
車両の修理、メンテナンス、オーバーホール。
キット組立作成、パーツ・インレタ・ナンバー取付。
などなどいろいろやってます。

最近、鉄道模型の車輌を修理してくれる場所が無く、泣く泣く処分している方あきらめてお蔵入りにしてしまっている方などが多いと聞きまして、車輌修理の窓口を開設させていただきました。

オークションや中古品店でせっかく購入したのに、届いたら動かない、状態が悪くて飾ることもできない、長年所有していて愛着があり、どうしても手放せない、などなど。
メーカーに、修理を依頼しても直らない、時間がかかる、パーツが無い、と色々悩んでいませんか。
動きたくても動けない車輌がどこかに眠っていませんか?
ちょこっと手を加えてあげればまた復活する可能性「大」です。

また、細かいパーツ取り付け、やってみたいけどもし失敗したら・・・と思っている方、パーツ、ナンバー取り付けや、インレタ貼りなどもやっています。
この車両のキットを組み立てたいんだけど、ちょっと自信の無い方、途中までやってみたけどそこから進まない、また、車両のディテールアップをしたい。

このような方がいらっしゃいましたら、是非お付き合い宜しくお願いいたします。

当方群馬県にてショップ傍ら工房を兼ねて営んでおりますので、遠方の方でも安心して修理を任せていただけると思います。
ぜひ一度、当店に問合せしてみてください。

懐かしい思い出の車輌の

「復活」のお手伝いが出来ると思います。ご連絡お待ちしてしております。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

電車工房 DREAM POCKET(ドリームポケット)

〒371-0232
群馬県前橋市茂木町544
TEL:027-283-0088
メールアドレス:dreampocket@kne.biglobe.ne.jp




記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


糸魚川の「キハ52-156」と蒸気機関車「C12-88」

2016/03/28 19:05
糸魚川駅は、北陸新幹線(JR西日本)と大糸線、えちごトキめき鉄道の日本海ひすいラインが乗り入れしています。
ちょうど1年前頃にオープンした「糸魚川ジオステーション ジオパル」があり、ここには大糸線で活躍した キハ52-156 が屋内に保存展示されています。
画像

ジオパル内で「キハ52待合室」として車両内にも入れ、隣室のジオラマコーナーへはキハ52を通過して行くことが出来ます。
画像


画像
画像
画像

また、キハの下にはレールが敷かれていて扉の外まで続いており、イベント時には外までキハが出てくるそうです。青空の下のキハも見てみたいですね。

画像

キハ52が引退した時のヘッドマークも展示されていて、以前同じ場所にあった赤レンガ機関庫の写真もありました。
画像


糸魚川には、大糸線で活躍した蒸気機関車C12 88号機が、糸魚川小学校すぐ脇の「C12 SLパーク」に展示されています。
画像
画像

生まれて大糸線に配属され、引退するまでずっと大糸線で走り続けました。じーんとしますね。
画像
画像
画像

みんな綺麗にしてもらって大事に保存展示されているんですね。
うれしいですね。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


わたらせ渓谷鉄道 ごうど駅 元「けごん」 です。

2015/10/13 15:51
今日は秋晴れでとっても過ごしやすく、ふと出かけた先で立ち寄ってみたのが、わたらせ渓谷鉄道の神戸(ごうど)駅です。
画像
「神戸」で「ごうど」なんてなかなか読めないですよね。地名って難しい…
また、この駅舎は6年前にプラットホームなどと一緒に国の登録有形文化財に登録されたそうです。駅舎などはレトロでとっても風情があって、周りの景色ともよく合っています。
ここは無人駅でもあり、ホームの向こう側へは懐かしい車両が置かれていて、この車両は、列車のレストラン「清流」になっています。
画像
「わ89」がすれ違いの為ホームで待機してます。その向こうの木陰に見えるのがレストラン「清流」で、かつて東武鉄道の日光線を走って活躍していたデラックス・ロマンス・カー「けごん」。車内はほぼ当時のままだそうです。平成23年に現役当時のマルーンとベージュのツートンカラーに復元塗装されたそうです。
画像
そんなことしているうちに下りの列車が入線してきました。
画像
空がとってもきれいです。保線区車両もいました。
画像
画像

たまたまですが、某テレビ局のロケ撮影に出くわしました。芸能人さんもいましたが、画面の中のイメージとはちょっと違ってあいそがなかったように見受けられました。画面の中と外は違うんですね。

うちはいつでもニコニコでお待ちしております。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


DD51 895 小野上駅に待機中

2015/10/08 16:32
お天気は良かったけど、台風の影響か強風が吹いてる中の吾妻から車での帰路中、吾妻線の小野上駅(無人駅)
画像
に、オレンジ色の車両が目にとまり、すぐさまUターンして確認! なんと!DD51 895がホキを連ねて待機中!もうすでにエンジンは始動しており、ディーゼル特有のあの音でした。
画像
画像
画像
画像
画像
まだ出発しそうにないので、急ぎDD51が停車中の反対側のホームへ行くべく高架橋を駆け上りました。
画像
画像
画像
このDD51は、1997年に釜石線をお召し予備機で走った車両であり、磐越西線でばんえつ物語を引っ張ってもいます。間近で見られるなんて感動です。
で、なかなか出発しないなぁ…と思っていたら、下りの普通列車が遅延してそれを待っていた模様。ほらね。
画像
電車がやってきました。
画像
画像
画像
やっと出発です。ディーゼルそのものの音での出発に、おうっ!と思わずこれこれ。
画像
画像
画像
ポイントを通過していくところがなんとも言えずいいですねぇ。しみじみ見えなくなるまで見送って、こちらもやっと車に乗り込み帰路にたちました。
思いがけず、DD51が見られて、ほんわかした気分で帰ることができました。ありがとう
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


軽井沢駅にて 〜草軽電鉄デキ〜碓氷峠の車両たち

2015/09/16 03:06
先日、久しぶりの軽井沢駅に向かい、保存車両たちに会ってきました。

まずは、屋外に展示されている草軽電鉄の「デキ12」、ノスタルジーにかられますねぇ。
お洒落な三角屋根の中にちょこんと展示されています。
画像
画像
画像

デキのすく後ろには、当時のデキが牽引していた客車の動輪が於いてあります。

デキ12をご覧になっください。
画像
画像
画像
画像
画像


次は、デキのパンタです。特徴あるその姿から「かぶとむし」と呼ばれていました。
画像



駅の隣に旧軽井沢駅の駅舎を再築した「旧軽井沢駅舎記念館」があり、そちらから入れる旧1番線には、保存車両が展示されています。
日本最古の電気機関車「EC40(10000形)」です。
画像
画像
画像
画像

その他に「EF63」
画像

「クモハ169」
画像
他にもちっこいのがいます。

画像

また、反対側のホームは「しなの鉄道」が乗り入れしています。

久々の旧軽井沢駅でした。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

DREAM POCKET 電車工房  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる