大雪の後の長野駅で。~北陸新幹線E7系~

「今冬期の大雪により、被害を受けられました皆様に心よりお見舞い申し上げます。」

先週の未曽有の大雪には、本当に本当に驚かされ、また、翻弄されました・・・。
あれから1週間もたつというのに除雪作業が進まず復旧すらされていない地域が沢山あり、山間部だけでなく、市街地の幹線道路も雪だらけになっている状態です。

高速道路も通行止め、当然鉄路も運行されず、雪の影響を受けずらいだろうと思っていた上越新幹線でさえ復旧までだいぶ時間を要するほどの大雪でした。

京都から「ワイドビューしなの」で長野まで、長野から長野新幹線でどうにか帰ってきましたが、やっぱり遅延などあり、ドキドキの帰路でした。
往路は東海道まわりだったので、ほぼ正常に運行していました。

そんな大雪の中での長野駅で遭遇したのが、「北陸新幹線E7系」!!
画像

お隣は、「長野新幹線E2系 あさま」です!いいショットでしょ!
画像
こんな感じです。

北陸新幹線はまだ当然「試運転中」
画像
画像
来年2015年春の開業が待ち遠しいですね。
画像

東京~富山間をなんと2時間7分で結びます。北陸新幹線にも「グランクラス」の車両が導入されるとのこと、また、シンボルマークも決定したそうです。

富山のおいしいお魚も食べたいし、沢山の観光名所も見てみたいし、いろんな意味で楽しみです。



京都から北陸へ 「サンダーバード」 「はくたか」

京都発 サンダーバードへ乗車して一路金沢へ。
画像

日本海側で大雪との天気予報で、運行は大丈夫か!  と心配していたら、途中ちょこっとトンネルを出て雪景色になったけど、日本海へ向かえば向かうほど何も天からは降っていませんでした。
なので、大雪での延着もなく、無事、金沢駅での「はくたか」への乗り継ぎもスムーズにできました。
なにせ、金沢駅での乗り換え時間がたったの3分!! 己の脚力を心配しつつ、意外と大丈夫でした。
でも乗り継ぎがあまりにもスムーズで短時間なので、まったく写真をとる余裕などありませんでした。
残念・・・・。
画像
これは、「はくたか」の貫通の連結のところです。
こんなふうになってるんですね。
越後湯沢まで乗車して、越後湯沢から上越新幹線で帰路へ。
今回は、おかげさまでいろんな駅弁を食させていただきました。ごちそうさまでした。




【鉄道模型のお医者さんです。】
Nゲージ・HOゲージ他も。
車両の修理、メンテナンス、オーバーホール。
キット組立作成、パーツ・インレタ・ナンバー取付。
などなどいろいろやってます。

最近、鉄道模型の車輌を修理してくれる場所が無く、泣く泣く処分している方あきらめてお蔵入りにしてしまっている方などが多いと聞きまして、車輌修理の窓口を開設させていただきました。

オークションや中古品店でせっかく購入したのに、届いたら動かない、状態が悪くて飾ることもできない、長年所有していて愛着があり、どうしても手放せない、などなど。
メーカーに、修理を依頼しても直らない、時間がかかる、パーツが無い、と色々悩んでいませんか。
動きたくても動けない車輌がどこかに眠っていませんか?
ちょこっと手を加えてあげればまた復活する可能性「大」です。

また、細かいパーツ取り付け、やってみたいけどもし失敗したら・・・と思っている方、パーツ、ナンバー取り付けや、インレタ貼りなどもやっています。
この車両のキットを組み立てたいんだけど、ちょっと自信の無い方、途中までやってみたけどそこから進まない、また、車両のディテールアップをしたい。

このような方がいらっしゃいましたら、是非お付き合い宜しくお願いいたします。

当方群馬県にてショップ傍ら工房を兼ねて営んでおりますので、遠方の方でも安心して修理を任せていただけると思います。
ぜひ一度、当店に問合せしてみてください。

懐かしい思い出の車輌の

「復活」のお手伝いが出来ると思います。ご連絡お待ちしてしております。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

電車工房 DREAM POCKET(ドリームポケット)

〒371-0232
群馬県前橋市茂木町544
TEL:027-283-0088
メールアドレス:dreampocket@kne.biglobe.ne.jp


「交通科学博物館」大阪にて

関西方面に行ったので、大阪にある「交通科学博物館」に行ってきました。
一度は訪れたいと思っていたので、念願かなっての見学です。平成26年4月6日をもって、52年間の幕を閉じることになりました。
画像
151系特急「こだま」の鼻先がちょん切られていたのがとても衝撃的でした。また、時速517Kmを記録したリニアモーターカーも展示されていました。
画像
画像

屋外にも実車が展示されており、D51の2号機やキハ81ディーゼル「くろしお」などノスタルジィーをかんじさせる車両がいて灌漑深いものがありました。
画像
画像

この蒸気機関車もこちらに展示してありました。「1800形蒸気機関車」です。
画像


この日は入館したのが閉館時間のちょっと前で、ゆっくりいろいろと見学できなかったのがとても残念でした。
車で行ったんですが、ちょっと分かりづらく、やっとの思いでたどり着きました。

今度は、平成28年春に、京都梅小路に新設される鉄道博物館に、こちらの収蔵車両や展示資料などが移設されるそうです。名称は「京都鉄道博物館」となるそうです。こちらも楽しみですね。




青森~ 東北新幹線 E5系「はやぶさ」 乗って帰ります。

青い森鉄道で青森駅まで移動します。車両には、イメージキャラクターのかわいい「モーリー」がいます。
画像

青森駅で789系特急スーパー白鳥に乗り換え、新幹線駅の新青森駅まで乗車します。
画像

今回はここに乗ることも目的の一つだったんです。
画像
そうです。ここがあの「グランクラス」の入り口です。見えづらいかもしれませんがわかりますか?上り方面は編成の最後尾になります。シートは2席、1席の横3席シートになっています。シートは本革製で一つの座席がとっても大きくて、あの有名なレカロ社とのコラボで誕生したそうです。小柄な人だったらすっぽりはまってしまいます。また、軽食も食べられます。和食と洋食を選ぶのですが、和食にしてみました。
画像
画像
メニューの内容は、上りと下りで違うそうです。
乗車時にグランクラスのアテンダントさんがいていろいろとお願いしちゃいました。
飲み物はフリードリンクで、ハーブティーを頼みました。なんとグラスででてくるんです。雰囲気いいでしょ。
画像

盛岡駅で連結です。
画像
画像

いい経験でした。思い出に残ると思います。

秋田新幹線 E6系「スーパーこまち」乗って青森まで。【往路】

今回の青森行は、往路が 秋田新幹線最新車両の E6系スーパーこまち!
復路が東北新幹線 E5系はやぶさ! での豪華などきどきわくわくする旅でした。
高崎から大宮までの上越新幹線は時間の都合で「あさま」に乗車。相変わらずの混雑ぶりです。乗車時間は24分ほどなので、そんなに文句は出ませんでした(同行者)。帰りも「あさま」に乗る予定だけど大丈夫かな?

大宮駅の新幹線ホームで「スーパーこまち」を、あの茜色の車両を間近で見られると、少し緊張しながら待っているとアナウンスの後ホームのその先から颯爽と滑り込んで来ました。!
ついついみとれていてシャッターきるの忘れてました・・・。あー残念。

スーパーこまちに乗ってすぐに駅弁食べました。腹が減ってはね、いろいろ観察できないでしょ。なんてね。
トイレがまた車いすも余裕で入れちゃうくらい広くて(12号車)、こころ使いも感じられたし、防犯カメラも設置してありセキュリティーのことも考えられてて、さすが最新車両ですね。

あっという間に盛岡に到着。ここでE5系の車両と連結を外して、一路秋田へ。
画像
画像

盛岡から秋田まで在来線を走行するわけで、それは当然今までの新幹線線路とは違う乗り心地になるわけだけど、車窓からの風景がこれまたものすごくいい感じで、なんだかとってもノスタルジックでした。
しかし、途中の川の様子は、先日の台風の傷跡らしい光景がところどころにありました。雨量のすごさが感じられました。

こいわい駅でのスーパーこまちの鼻です。
画像

秋田駅到着のスーパーこまち、隣にはE3系こまちが停車していました。
画像
画像
秋田駅、新幹線ホームから階段上って在来線への連絡通路に「D51-554」の大型の模型が飾られていました。
画像
このすぐ近くの駅弁販売コーナーで駅弁買えばいいものを、ついつい急いで次に乗車する「つがる」の停車しているホームまで駆け下りて、そこの移動駅弁販売しているおじさんに「もうこれしか残ってないよ。」と言われ、迷った挙句また階段駆け上って急いで駅弁買って、また階段下りて・・・。
あれっ、そういえば前にも秋田駅で同じことをやったような記憶が・・・。ありました!その時は新潟経由で来たときだったかな。
秋田駅は走る駅なんですね。鍛えられます。
駅弁買ったし、飲み物買ったし、これで一路青森へ。「つがる」の車両内では車内販売も自販機もないので、絶対乗車前にいろいろ買って用意しておいたほうが良いですよ。
画像
明日の復路は東北新幹線に乗って帰ります。次回へつづく。

瀬戸大橋 渡る。

先日、徳島へ行ってきました。
新幹線を岡山で「快速 マリンライナー」に乗り換えて、瀬戸大橋を渡ってひとまず高松へ。天気が良かったので景色は素晴らしかったですよ。
画像
画像
画像

岡山駅で次に乗車する「うずしお」の発車時間を待っている間、駅構内にある、うどん屋さん(名前は忘れてしまいました。)で「ぶっかけうどん」なるものを食べました。どんぶりの中にうどんのみが入れられており、めんつゆと薬味が別に出てきて、お店の人に「うどんにつゆをかけて食べてください。」と言われ、名前の通りつゆを「ぶっかけ」て、薬味はしょうがときざみねぎで食べました。こちらでいうと、ざるうどんのようにお盆の上に別々に出てきたので、ざるうどんを食べるのと同じように、つゆにつけて食べたらどんな感じになるのか、また機会があったら試してみようと思います。(お店の人につっこまれそうですが・・)

【鉄道模型のお医者さんです。】

Nゲージ・HOゲージ他も。
車両の修理、メンテナンス、オーバーホール。
キット組立作成、パーツ・インレタ・ナンバー取付。
などなどいろいろやってます。

最近、鉄道模型の車輌を修理してくれる場所が無く、泣く泣く処分している方あきらめてお蔵入りにしてしまっている方などが多いと聞きまして、車輌修理の窓口を開設させていただきました。

オークションや中古品店でせっかく購入したのに、届いたら動かない、状態が悪くて飾ることもできない、長年所有していて愛着があり、どうしても手放せない、などなど。
メーカーに、修理を依頼しても直らない、時間がかかる、パーツが無い、と色々悩んでいませんか。
動きたくても動けない車輌がどこかに眠っていませんか?
ちょこっと手を加えてあげればまた復活する可能性「大」です。

また、細かいパーツ取り付け、やってみたいけどもし失敗したら・・・と思っている方、パーツ、ナンバー取り付けや、インレタ貼りなどもやっています。
この車両のキットを組み立てたいんだけど、ちょっと自信の無い方、途中までやってみたけどそこから進まない、また、車両のディテールアップをしたい。

このような方がいらっしゃいましたら、是非お付き合い宜しくお願いいたします。

当方群馬県にてショップ傍ら工房を兼ねて営んでおりますので、遠方の方でも安心して修理を任せていただけると思います。
ぜひ一度、当店に問合せしてみてください。

懐かしい思い出の車輌の

「復活」のお手伝いが出来ると思います。ご連絡お待ちしてしております。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

電車工房 DREAM POCKET(ドリームポケット)

〒371-0232
群馬県前橋市茂木町544
TEL:027-283-0088
メールアドレス:dreampocket@kne.biglobe.ne.jp



SLレトロ碓氷 D51-498+補機DD51-842 信越線  

本日、遠方からのお客様と一緒に、「碓氷峠鉄道文化村」に行ってきました。快晴イっー!と言ってもいいほどの運動会日和のお天気でめちゃくちゃ暑いです。
すると・・・なんと横川駅に D51-498がいるではありませんか!!
画像
ヘッドマークは 「SL碓氷」。全くの想定外でした。
何も知らずに期待もせずにいたところにいきなりの蒸気機関車!こういう時ってなんだかわくわくドキドキしちゃいますね。想定外ってこういうことなんだと、あらためて実感。
画像
画像
画像
画像
本日の補機は、DD51-842でした。
画像
画像
画像
画像
画像
のんびりしてていいですね。空も高くて「秋ーっ」って感じです。
画像
画像

お客様はご乗車になって帰路へ。いい思い出になってくれたかな。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

電車工房 DREAM POCKET(ドリームポケット)

〒371-0232
群馬県前橋市茂木町544
TEL:027-283-0088
メールアドレス:dreampocket@kne.biglobe.ne.jp