長野の「夢ハウス」へ行ってきました。

長野県上田市に、特急あずさの先頭車クハ183-1000番台の本物の車両が保存されていて、お蕎麦が食べられて、民宿で泊まれて、そば打ち体験などができる「夢ハウス」へ行ってきました。最近TVで放映されていて評判がよく、大好きな蕎麦も食べられるということなので、興味津々で行ってきました。
上田の駅が最寄駅で、川沿い行きます。今回は車で訪れたのですが、ナビが無いとちょっと分かりづらいかもしれません。
画像

入り口です。
画像

「特急あずさ」は建物内に保存されていました。この車両は、元「とき」で中央線で「あずさ」となりました。
画像
画像
画像

画像

こんな感じで、車両を見ながら食堂でお蕎麦が食べられて、そば打ちも出来ます。
画像
画像
画像

画像
画像
画像

この「特急あずさ」の車両の中が畳敷きになっていて、ここで宿泊できるようになっています。
運転台にも座れます。
画像

お蕎麦は、おてしょそばという、十割そばとニ八そばの相盛りを頂きました。お蕎麦はおいしかったです。でもちょっと接客は?…でした。テレビと実際はちょっと違いますね。どこでもそうなんですが…。
でも希少な183-1000番台の特急あずさも見られて、お蕎麦もたべられたので良かったです。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック