群馬~新潟~長野 ローカル線の旅 

【1日目】群馬~新潟~長野へ、ローカルな列車の旅に撮鉄のお店のお客様と出かけてきました。
両毛線の駒形駅から乗って、新前橋駅で上越線に乗り換えます。
画像

まずは、しょっぱなから「ぐんまちゃん」ヘッドマークを掲げた115系で出発です。このヘッドマークは9月いっぱいのようですね。なかなか巡り会えない115系「ぐんまちゃん」号に出会えて、幸先いいですね。(笑)
画像

新前橋駅で上越線に乗り換えて、お客様と無事合流しました。
画像
水上駅です。手前の車両は、新新潟色の普通列車です。奥の車両は高崎からきた湘南色です。
これから一路新潟を目指します。群馬県人ならだれでも知ってる「上毛かるた」にもある、「ループで名高い清水トンネル」を通過します。
画像
画像

ね、なんとなくぐるぐると行きそうな感じでしょ。
画像
トンネルを通過して新潟へ入りました。
越後湯沢駅です。こんな作業車が止まっていました。
途中の越後中里の駅の近くで、ブルトレの大軍を目撃しました。後の「行ってきました、謎のブルトレ軍団 越後中里」でご報告したいと思います。
画像

681系「はくたか」です。681系「はくたか」は2タイプあって、画像の車両は在籍JR西日本のブルーライン「ホワイトウイング」(JRマークがついているでしょ。)、レッドラインは北越急行の「スノーラビット」です。北越急行が、福井駅から越後湯沢間を「ほくほく線」経由で運行しています。
「はくたか」の隣に停車しているのが、新新潟色です。
画像

六日町駅に到着です。ここで、ほくほく線に乗り換えて、犀潟経由で直江津まで行きます。
北越急行も今年の3月で開業15周年を迎え、ヘッドマークも掲げています。ほくほく線は、六日町~犀潟間のローカル線ですが、西と東を結ぶ重要な区間で、山間地ゆえ、トンネル区間が多いのも特徴です。
トンネル区間の長いことを利用したイベント列車「ゆめぞら号」も運行しており、トンネルに入ると映像が流れるそうです。今回は、この車両ではなかったので、土日運行に合わせて乗車体験してみようと思っています。
画像
画像
直江津駅に到着です。あいにくの雨模様です。これから新津駅を目指します。
画像
新津駅にもうじき到着します。車窓からリニューアル後の「ばんえつ物語」客車が見えました。
ここ新津ではじめて下車します。目的は、新津駅からほど近い「新潟市新津鉄道資料館」視察!?です。
新津は、JR信越本線・ 羽越本線・ 磐越西線の交差する日本海側の鉄道の要衝であり、この資料館は元新潟鉄道学園の建物を使った資料館です。
画像
画像
屋外展示で目についたのが、200系新幹線の先頭車両実物大模型です。先頭というか鼻先ですが…。
画像
新幹線の中をのぞいてみました。
画像
これは、新幹線用の台車です。
画像
ジオラマもあります。
画像
いろんな車両の写真も展示されています。「D51-498」の写真もありますね。
画像
さすが新津です。あなどるなかれ、鉄道に関する展示物や資料がたくさん展示されていて、新津の歴史を物語っています。予定を大幅にオーバーしての視察(笑)完了です。
画像
新津駅で出会ったEF81です。雨の中佇んでいました。
画像
画像
115系新潟色と新新潟色の編成です。これから羽越本線で新発田まで向かい、白新線で新潟に到着です。
画像
ちょっとボケボケですが、485系3000番台「特急いなほ」を見送ったところです。今晩は新潟市内に泊まって古町あたりに繰り出そうと思いま~す。\(^o^)/

【2日目】復路です。
画像
画像
新潟駅から出発です。出発までの時間ホームで観察していたら485系1000番台「特急いなほ」が来ました。昨日の「特急いなほ」は同じ485系でも3000番台で、今日のは1000番台です。同じ系でも番台が異なると、塗色も違ってイメージが全然異なりますね。
画像

越後線で吉田経由の柏崎まで、海岸線をゆっくり普通列車で行きます。柏崎から直江津に出て、直江津から長野へ向かいます。
画像
画像

画像
最後は「しなの鉄道」169系に乗って軽井沢で下車です。
2日間大変疲れ様でした。無事、列車の旅ができました。日頃時間に追われて、なかなかゆっくり列車の旅もできませんが、たまにはこんな旅もいいものですね。
次の予定を考えてます。また、ご報告しますので、お付き合いください。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック