「アプトの道 熊の平」をゆく

画像
いまはもう廃線になって早15年、廃線跡を散策する「アプトの道」が横川駅から続いています。
有名なめがね橋までしかなかった遊歩道が、今年の平成24年4月から「熊の平駅」跡まで、延伸されました。
熊の平駐車場があり、そこからもすぐに行けるようになっています。
ここから「熊の平」駅跡へ行けるんです。
画像
画像
画像
画像
画像


熊の平駅は、峠の中で唯一平らな所であり、横川~軽井沢間の中間停車場で、主な目的は給水、給炭と上下列車の行き違いができました。時代とともに輸送量確保のため、複線化やアプト式から粘着運転方式へと変換され、駅としての使命は終わり、昭和41年に信号所になりました。
画像
「アプト式開通の碑」です。
その間、やはり国鉄管内の最大難所でもあった峠では、大きな事故も何度もおきており、その中でも昭和25年6月に大規模崩落事故が起き、50名の方々が亡くなりました。亡くなった方々のために「殉難碑」も建立されました。
画像
画像

画像

「稲荷大明神」もまつられています。

ここからメガネ橋まで、約1.3Km、歩いて25分くらいかかるそうです。
あまり暑くなくよい季節になったら、横川から歩いてみたいですね。


【掲示板】

『鉄道模型の修理』
動きたくても動けない車輌がどこかに眠っていませんか?
ちょこっと手を加えてあげればまた復活する可能性「大」です。

また、細かいパーツ取り付け、やってみたいけどもし失敗したら・・・と思っている方、
パーツ、ナンバー取り付けや、インレタ貼りなどもやっていますので、
ぜひ一度、当店にお電話してみてください。
懐かしい思い出の車輌の「復活」のお手伝いが出来ると思います。

【問合先】
電車工房 DREAM POCKET(ドリームポケット)

〒371-0232
群馬県前橋市茂木町544
TEL:027-283-0088

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック